ブライトリング ブティック大阪 公式ブログ

ブライトリング ブティック 大阪 公式ブログ

CHRONOMAT

2019年 大人気モデルのクロノマットJSP!2種類のブルーダイヤルの違いをご紹介!

こんにちは、澤本です。

只今、9月30日まで「スマートクレジットフェア」を開催しております。
期間中は、全てのモデルで金利手数料0%のご分割をご利用頂けます。
また、フェア期間中ご成約頂いたお客様にはブライトリングのオリジナル ノベルティグッズもプレゼントいたします。
是非、この機会にブライトリング ブティック 大阪をご利用下さいませ。

さて、本日は「クロノマット JSP」のブルーダイヤルをご紹介させて頂きます。
2019年 大人気モデルのクロノマットJSP!2種類のブルーダイヤルの違いをご紹介!-CHRONOMAT クロノマットJSPには、ダイヤルカラーがブルー一色のダイヤルのものと、ブルー×ブラックの2色のダイヤルものが御座います。
そして、カラーリングだけでなく、ちょっとした違いがそれぞれにあります。
よく見ると違いがわかりますが、パッと見では何が違うのかわからないというお声も頂きますので、違いをご紹介させて頂きます。
2019年 大人気モデルのクロノマットJSP!2種類のブルーダイヤルの違いをご紹介!-CHRONOMAT クロノマットJSPならではのライダータブ付のサテン仕上げのベゼルは共通で、ブライトリング自社開発製造キャリバー01を搭載、防水500m、両面無反射コーティングを施したサファイアガラスなど、基本的な機能性やスペックは同じです。
では、何が違うのかというと…
2019年 大人気モデルのクロノマットJSP!2種類のブルーダイヤルの違いをご紹介!-CHRONOMAT ブルー一色のモデルは、インデックスの両サイドに夜光塗料を施しており、人気の高かった”クロノマット エボリューション”を思い起こさせるデザインとなっています。
そして、日付の表示は白色になっており、ダイヤル全体の鮮やかなブルーが爽やかな印象を与えてくれます。
2019年 大人気モデルのクロノマットJSP!2種類のブルーダイヤルの違いをご紹介!-CHRONOMAT 続いてブルー×ブラックのこちらは、インデックスの中央に大きく夜光塗料を施しています。
インダイヤル、インナーベゼル、日付がブラックで統一され、ブルー一色に比べるとシックでスポーティな印象となっています。
配色を少し変えるだけで、異なる印象になるので面白いですよね。

皆様は、どちらのダイヤルがお好みでしょうか?
細かな違いで個性を演出できますので、店頭にて実際に腕元に着けて違いをお楽しみくださいませ。
ご来店、心よりお待ち致しております。
2019年 大人気モデルのクロノマットJSP!2種類のブルーダイヤルの違いをご紹介!-CHRONOMAT CHRONOMAT JSP
品番:A001C-1PA (もしくは、A001C56PA)
ムーブメント:ブライトリング01 (自社開発製造自動巻きクロノグラフ)
パワーリザーブ:約70時間
素材:ステンレススチール
ケースサイズ:44mm
防水:500m
メーカー国際保証期間:5年
価格:¥860,000+税
2019年 大人気モデルのクロノマットJSP!2種類のブルーダイヤルの違いをご紹介!-CHRONOMAT CHRONOMAT JSP
品番:A001C-2PA (もしくは、A001C87PA)
ムーブメント:ブライトリング01 (自社開発製造自動巻きクロノグラフ)
パワーリザーブ:約70時間
素材:ステンレススチール
ケースサイズ:44mm
防水:500m
メーカー国際保証期間:5年
価格:¥860,000+税

クロノマットJSPの限定モデルを下記URLにてご紹介しております。
是非、ご覧下さいませ。
https://breitling-osaka-blog.com/3730/

インスタグラムも日々更新しておりますので、下記画像よりアクセスして下さい。
是非、フォローとイイねをお願い致します。
2019年 大人気モデルのクロノマットJSP!2種類のブルーダイヤルの違いをご紹介!-CHRONOMAT