ブライトリング ブティック大阪 公式ブログ

ブライトリング ブティック 大阪 公式ブログ

NAVITIMER

2019 ブライトリング プレバーゼル サミットに参加してきました。

2019 ブライトリング プレバーゼル サミットに参加してきました。-NAVITIMER お知らせ その他 先日の19日(火)、BREITLING SA CEO Georges Kern(ジョージ・カーン)氏の来日に合わせ、ブライトリング ブティック(東京・大阪・福岡)、コンセプトショップ(仙台・表参道・新宿・金沢・名古屋・京都・神戸・和歌山・高松・広島)や各プレス社が集まり、3月のバーゼル・フェア(BASELWORLD、バーゼルワールド)で発表される2019年新製品の一部を持ち込み、CEOジョージ・カーン自らプレゼンテーションを行い2018年レビューや2019年の新製品の説明などを行いました。まだまだ非公式のモデルや情報もあり、写真撮影も許可されておりませんので、この場での情報公開は控えさせていただきます。

2019年は、幾つかの歴史的なコレクションが発表される予定ですが、既に情報公開が解禁となっているナビタイマー「エアライン エディション」のみ撮影許可が下りましたので、実機モデルをご覧下さい。(撮影許可が下りるとは思っていなかったので、スマホでの撮影なので、画質諸々はご了承ください)
実際、幾つかのメーカー画像が出回っておりますが、恐らく付属ストラップは殆どがレザーでの入荷となり、懐かしのエアレーサーブレス(バングル形状の穴あきブレス)は、別途取寄せになると思います。
※エアレーサーブレスは現在もスイスオーダー可能の特殊ブレスレットでナビタイマー125thモデルも付属ベルトとして発表されております。

1960年代や1970年代を彷彿とさせるクールなスタイルが復活。航空業界の黄金期を祝福するこのコレクションは、1960年代、1970年代に民間航空の先駆者であり、当時を最もよく象徴する航空会社に対する愛情を込めた敬意の表明となっております。※なお、パンナム航空とはパン アメリカン航空の事で「パンナム」とは日本での呼び方であり、当時の日本のCMや広告でも使用されています。
また、デザインも上記の年代をイメージした物となっており、カラーリングはもちろん針の形状などが現行のナビタイマーと異なっています。
2019 ブライトリング プレバーゼル サミットに参加してきました。-NAVITIMER お知らせ その他 ブライトリング 2019年新作
ナビタイマー 1 B01 クロノグラフ 43 スイスエア エディション
ムーブメント:ブライトリング完全自社開発・製造ムーブメント Cal.01
ケース素材:ステンレススチール
ケース径:43mm
防水:3気圧
2019年4月頃発売開始予定
1931年に設立され、その堅実な経営から「空飛ぶ銀行」とまで呼ばれていた伝説的な航空会社「スイス エア」は、ブライトリング初となるカプセル コレクションのスタートを切りました。
サファイヤクリスタル ケースバックにはスイスエアのロゴがプリントされています。
※現在はかつてスイスエアの子会社だった「クロス エア」が「スイス エア」の資産を受け継ぎ、スイス政府やスイス州政府の援助によりスイス インターナショナル エアラインズ他、3つの航空会社を運営。

2019 ブライトリング プレバーゼル サミットに参加してきました。-NAVITIMER お知らせ その他 ナビタイマー 1 B01 クロノグラフ 43 パンナム エディションムーブメント:ブライトリング完全自社開発・製造ムーブメント Cal.01
ケース素材:ステンレススチール
ケース径:43mm
防水:3気圧
2019年4月頃発売開始予定
公式ライセンス取得済みのこちらのモデルの特徴は、サファイヤクリスタルケースバックにプリントされた、航空史上でも特によく知られたロゴ。
パン アメリカン ワールド エア ウェイズ は何十年もの間、商業航空界を圧巻市、営業を中止した後も空の旅の興奮を忘れさせることはありません。
パンナム エディションは「スイスエア」に続いてカプセルコレクションに採用された2番目のモデルとなります。

2019 ブライトリング プレバーゼル サミットに参加してきました。-NAVITIMER お知らせ その他 ナビタイマー 1 B01 クロノグラフ 43 TWA エディション
ムーブメント:ブライトリング完全自社開発・製造ムーブメント Cal.01
ケース素材:ステンレススチール
ケース径:43mm
防水:3気圧
2019年4月頃発売開始予定
TWAとはトランス ワールド エアラインの略。
サファイヤクリスタルケースバックにTWAのロゴがプリントされています。
米国を本拠地としたトランス ワールド 航空は、20世紀の大半を通じて世界の主要空港でよくその姿を見かけました。
スイスエアとパンナムに敬意を表するカプセル コレクションの両エディション同様、このモデルも20世紀に台頭した商業航空で重要な役割を果たし、今日までよく知られているように、旅客航空事業の黎明期に大きく貢献した航空会社を記念しています。
このTWAエディションが加わり、コレクションが完結となります。

いかがでしょうか?カプセルコレクション自体、特定のテーマに関するコレクションになり、民間航空会社とのコラボレーションという所などは、とてもユニークで楽しいコレクションで、60年代・70年代のヒッピースタイルやロックテイスト、パンタロン、サイケデリックカラー、ビンテージTシャツ、フリンジなどを彷彿させる新しいコレクションです。

おまけ
プレゼンテーションの中で、ブティック大阪でも2017年優勝報告会を行ったブライトリング・パイロット/レッドブル・エアレース・パイロットの室屋義秀さんのビデオメッセージや、会場では北極冒険家・荻田泰永さん、元アーティスティックスイミングの青木愛さんのトークセッションなどもありました。また終了後は、ご参加されたいたブライトリング インフルエンサーの方々との交流や写真撮影もあり、短い時間でしたが、内容の濃い1日となりました。

2019 ブライトリング プレバーゼル サミットに参加してきました。-NAVITIMER お知らせ その他