AVENGER

切り替わり時期の今だけしかできない!新・旧 アベンジャー クロノグラフ 43を比較!

こんばんは、三室です。
本日の大阪・心斎橋は日本列島に近づいてきている台風の影響か、不安定なお天気。
雨が降ったり止んだりしているので、お出掛けの時は傘が必須ですね。

キャリバー01キャンペーン 開催中!
2019年10月5(土)から10月31日(木)までの期間、「キャリバー01キャンペーン」を開催中です!
期間中は、キャリバー01搭載モデルを一堂にご覧い頂ける他、全てのモデル(全コレクション)で金利手数料0%のご分割をご使用頂けます。
また、フェア期間中ご成約頂いたお客様にはブライトリングのオリジナル ノベルティグッズもプレゼントいたします。

さて、本日は現在ブライトリング ブティック 大阪に先行入荷が始まっている、新アベンジャー クロノグラフ43と、これまでのアベンジャーⅡ クロノグラフ 43の比較です!
※今までのモデルに「Ⅱ」がついているのでややこしいですが、「Ⅱ」がついてない方が2019年10月からのニューバージョンです。
切替時期の今しか出来ない比較です!
アベンジャーでご検討中の方は是非、ブログをご覧になられた後、実際にその目で実物をご覧下さいね。百聞は一見に如かず!ですよ。

切り替わり時期の今だけしかできない!新・旧 アベンジャー クロノグラフ 43を比較!-AVENGER 位置で言うと上側、ブラックのミリタリーレザーが付いているのが、新作の「アベンジャー クロノグラフ 43」
下側のステンレススチールブレスレットが付いているのが2019年9月まで発売していた「アベンジャーⅡ クロノグラフ 43」です。

まず、両アベンジャーに共通している「パワフル」というテーマ。
ブライトリングの中でミリタリー ウォッチの位置づけにある「アベンジャー」は、一目見て直感で「パワフル」な印象を持って頂けるデザインとなっています。
切り替わり時期の今だけしかできない!新・旧 アベンジャー クロノグラフ 43を比較!-AVENGER ※上記写真は アベンジャーⅡ クロノグラフ 43
ベゼルにはブライトリングの特徴的なデザインの一つである、ライダータブデザインが施されており、直感的に「ブライトリングだ!」と感じて頂ける他、
300mという高い防水性を維持するための厚みのあるケース、大きなリューズ、プッシャーがアベンジャーらしい武骨さとパワフルさを象徴します。

さて、それでは新・旧それぞれの差異点を比較して行きましょう!
まずは、2019年9月まで発売されていた、「アベンジャーⅡ クロノグラフ 43」から見ていきましょう。
宜しければ過去の記事もご参照くださいね。

切り替わり時期の今だけしかできない!新・旧 アベンジャー クロノグラフ 43を比較!-AVENGER

アベンジャーⅡ クロノグラフ 43
ステンレススチール×ステンレスチールブレス
Ref A399B32PSS
ケースサイズ 43mm
防水 300m
価格 ¥671,000-(税込)(¥610,000-/税抜)

切り替わり時期の今だけしかできない!新・旧 アベンジャー クロノグラフ 43を比較!-AVENGER まず、目が行くのは文字盤に「レッド」が配色されているか否か。
これまでのアベンジャーⅡ クロノグラフ 43 コレクションは、センターのクロノグラフ針の先端、12時位置にある30分積算計、6時位置の12時間積算計の上に表記されている「AUTOMATIC」の文字に、強い印象を与えるとされる色である「レッド」を配色していました。
これにより、パッと見た時にスポーティで力強い・男性らしい印象になり、特にお写真のブラック文字盤のモデルは「ブラック×レッド」配色がかっこよく、人気があります。

切り替わり時期の今だけしかできない!新・旧 アベンジャー クロノグラフ 43を比較!-AVENGER ケース、ブレスレットはポリッシュ(艶出し)仕上げや鏡面仕上げと呼ばれる、鏡のようにピカピカに磨かれた仕上げとなっており、キラキラと光を放つステンレススチールによって、武骨さの中に適度なラグジュアリーさを感じさせてくれます。

対して、新しい「アベンジャー クロノグラフ 43」は、文字盤、クロノグラフ針に配色していたレッドを無くすことでよりシンプルでスッキリとした印象に仕上がっています。
切り替わり時期の今だけしかできない!新・旧 アベンジャー クロノグラフ 43を比較!-AVENGER アベンジャー クロノグラフ 43
ステンレススチール ケース×ミリタリーレザーストラップ
Ref A343B-1MAA

ケースサイズ 43mm
防水 300m
価格 ¥614,900-(税込)(¥559,000-/税抜)

切り替わり時期の今だけしかできない!新・旧 アベンジャー クロノグラフ 43を比較!-AVENGER 差し色を無くしたシンプルな文字盤は、まっ黒の文字盤がより引き立ち、落ち着いた印象に仕上がっています。
針や、インデックスにたっぷり塗布されている、ホワイトの夜光塗料で暗所でも時刻が読み取り易い部分は、アベンジャーⅡ クロノグラフ 43と変わりません。

また、ケース・ブレスレットがポリッシュ仕上げだった「アベンジャーⅡ クロノグラフ 43」に対し、「アベンジャー クロノグラフ 43」は、ケースの仕上げがサテン(艶消し)仕上げにっています。
切り替わり時期の今だけしかできない!新・旧 アベンジャー クロノグラフ 43を比較!-AVENGER サテン仕上げのステンレススチール独特の鈍い色合いは重厚感を感じさせるので、アベンジャーをより一層「ミリタリー」に見せてくれます。
※今回入荷してきたモデルはステンレススチールブレスレット仕様ではないので、お写真が有りませんが「アベンジャー クロノグラフ 43」はブレスレットもサテン仕上げとなっています。

切り替わり時期の今だけしかできない!新・旧 アベンジャー クロノグラフ 43を比較!-AVENGER サテン仕上げになった事で、重厚感がより増した他、使用傷が目立ちにくくなりました。
また、アベンジャーの特徴的の一つである、リューズ・プッシャーに施されている刻みがかなりはっきりと見えるようになりました。

新・旧アベンジャー クロノグラフ 43の違い、いかがでしたか?
微妙な差にはなるのですが、実際に腕に載せてみると印象の違いが分かるかと思います。
是非、この機会に比較してみて下さいね!

切り替わり時期の今だけしかできない!新・旧 アベンジャー クロノグラフ 43を比較!-AVENGER 写真 下
アベンジャーⅡ クロノグラフ 43

ステンレススチール×ステンレスチールブレス
Ref A399B32PSS
ケースサイズ 43mm
防水 300m
価格 ¥671,000-(税込)(¥610,000-/税抜)

写真 上
アベンジャー クロノグラフ 43

ステンレススチール ケース×ミリタリーレザーストラップ
Ref A343B-1MAA

ケースサイズ 43mm
防水 300m
価格 ¥614,900-(税込)(¥559,000-/税抜)

インスタグラムも更新中です!下記画像よりアクセスできますので、是非、フォローとイイねをお願い致します。
切り替わり時期の今だけしかできない!新・旧 アベンジャー クロノグラフ 43を比較!-AVENGER

ブライトリング ブティック 大阪BREITLING BOUTIQUE OSAKA
〒542-0085
大阪市中央区南船場4-12-6
TEL 06-4704-1884
営業時間 11:00 - 19:30 水曜定休

ブライトリング ブティック 大阪は2020年6月4日、移転リニューアルオープンしました。日本最大級の売場面積を誇り、最大200本の在庫を保有。最新コンセプトによる店内で、知識と情熱を兼ね備えたブライトリング・セールスマスターがお客様をお迎えします。