CHRONOMAT

リニューアルを果たしドレッシーな一面を持つ新たなクロノマット

こんにちは。

本日、ご紹介するモデルはリニューアルを果たした「クロノマット B01 42」です。
リニューアルを果たしドレッシーな一面を持つ新たなクロノマット-CHRONOMAT 1984年に現在のイメージがつく基となった初代”クロノマット”が誕生。
その後、様々なモデルが登場し最初の転機を迎えたのが、2000年に登場した”クロノマット 2000”。
COSC公認クロノメーターを取得したムーブメントを搭載したことで、より信頼性の高いものとなりました。

その後の2004年、”クロノマット”20周年記念を祝しケース径が大きくなってリニューアルし、”クロノマット エボリューション”として登場。
上品なケースのフォルムや洗練されたデザインにより人気を博しました。

そして、2009年にブライトリング自社開発製造キャリバー01を搭載して一新、”クロノマット 44”が登場し、2017年には”クロノマット JSP”が日本限定として期間限定で追加、さらに2018年「B」ロゴを冠した”クロノマット B01 クロノグラフ 44”の登場など数々の”クロノマット”シリーズが登場しました。

今回、1984年当時の”ルーローブレスレット”を採用し、”クロノマット”が完全リニューアル。
”ルーローブレスレット”が当時のクラシカルな雰囲気を感じさせてくれて、デザインがモダンでスマートなものとなりました。
ムーブメントはブライトリング自社開発製造キャリバー01を搭載し、シースルーバックでムーブメントをご鑑賞いただけます。リニューアルを果たしドレッシーな一面を持つ新たなクロノマット-CHRONOMAT リューズのデザイン、クロノグラフのプッシュボタンも変わり、ケースの大きさも44mmから42mmにダウンサイズされています。
時計全体がサテン仕上げ(ツヤ消し)になり、細かな各所でポリッシュ仕上げ(ツヤあり)となっているので、高級感のある仕上がりとなっています。

こちらのモデルは、ベゼル、クロノグラフのプッシュボタン、リューズ、ブレスレットの一部に18Kレッドゴールドを採用しており、「クロノマット B01 42」のモダンな雰囲気に合ったドレッシーな雰囲気を感じられます。
ダイヤルのブルーとレッドゴールドの相性の良さが上品で魅力的な一面といえるのではないでしょうか。リニューアルを果たしドレッシーな一面を持つ新たなクロノマット-CHRONOMAT ”ルーローブレスレット”は、丸太が連なったような特徴的なもので、初期の”クロノマット”を想起させるデザインです。
従来の”クロノマット”とは全く違った装着感を実現、クラスプの部分はプッシュ式の両開きとなっています。
袖口の収まりもいいモデルですので、スーツでのご利用にもオススメです。

リニューアルを果たしたことによって、より一層様々なシーンで活用できる1本になりました。
一言で表現すると「万能なクロノグラフウォッチ」と言えます。
ブライトリングの伝統を継承し現代技術により昇華した「クロノマット B01 42」を是非、手に取りご覧くださいませ。
リニューアルを果たしドレッシーな一面を持つ新たなクロノマット-CHRONOMAT CHRONOMAT B01 42
品番:UB0134101C1U1
ムーブメント:ブライトリング01 (自社開発製造キャリバー)
パワーリザーブ:約70時間
素材:ステンレススチール×18Kレッドゴールド
ケースサイズ:42mm
防水:200m
メーカー国際保証期間:5年
価格:¥1,310,000+税

プレミアムクレジットをご利用いただくと月々¥24,000-×59回にてご購入ができます。
※分割金利手数料は全額、当社が負担いたします。
ブライトリング ブティック 大阪BREITLING BOUTIQUE OSAKA
〒542-0085
大阪市中央区南船場4-12-6
TEL 06-4704-1884
営業時間 11:00 - 19:30 水曜定休

ブライトリング ブティック 大阪は2020年6月4日、移転リニューアルオープンしました。日本最大級の売場面積を誇り、最大200本の在庫を保有。最新コンセプトによる店内で、知識と情熱を兼ね備えたブライトリング・セールスマスターがお客様をお迎えします。